自分の理想を反映させる一戸建て注文住宅では、思い通りの設計を行い、自由な空間を楽しめる住まいに完成できます。
最近では、木の家が高い人気を誇り、温かい木の温もりを感じながら日常を過ごせます。
また、気の香りや質感は、冬は暖かく、夏は涼しいと言われています。
木が呼吸する住宅として、木の家は大変人気が高い家です。
一戸建ての注文住宅は、こだわりの住宅を提案できるので、住まいの空間が快適になり、居心地の良い環境が誕生します。
木でできた家は、木の風格が家のあちこちで感じられるようになり、温もりや、質感が住まいの顔となって反映されます。
居心地とは、その家で暮らすことによって心地よさを感じることです。
木をふんだんに使った家で暮らす一戸建て住宅は、こだわりを持った注文住宅で味わうことができます。
注文住宅で思うがままに設計し、間取りや広さにも自分の思いを取り入れた木の家は、快適で環境にも配慮されている家が完成します。

国産材の魅力

注文住宅の一戸建てを木の家にする際には、国産材を使うことをおすすめします。
国産材は高いと思われる方もいるかもしれませんが、実は手頃に手に入る国産材はたくさんあるのです。
日本は森林が多い国ですから、現在でも木材は豊富にあります。
また、より良い森林を作るためには間伐が必要不可欠なため、木を消費するということは環境保持にも影響が大きいのです。
さらに、木材を利用することは地球温暖化対策にもつながります。
木の家にすることで木が吸収した二酸化炭素を閉じ込めておくことが出来るのです。これを二酸化炭素の固定化と言い、二酸化炭素の放出を防ぐことにつながります。
さらに、成長した木を伐採することによって新たな木が育ちやすくなります。
若い木ほど二酸化炭素の吸収量は大きくなるため、森林全体でより多くの二酸化炭素を吸収することが出来るようになるのです。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930